繰り返し使える梱包資材で梱包が簡単に

えころじこんぽ(日通)、エコ資材(クロネコヤマト)、エコ楽ボックス(アート引越しセンター)などを聞いたことがありませんか。
繰り返し使えてエコロジーに配慮した梱包ボックスなどを貸してくれます。

箱の中にあらかじめクッション性のある資材が入っているから、紙やプチプチなどでひとつひとつ割れ物をくるむことなく、そのまま入れればよいのです。
ガムテープでフタを留める必要もありません。

専用の梱包資材を使うことで、引っ越しの準備の中で一番手間のかかる梱包作業の時間が軽減されます。
その上、資材は回収されるので、ゴミを処分する手間もかかりません。
大手引越し会社での引っ越しは料金だけでは安価とは言えませんが、かかる時間を短縮できることを考えると、業者選びの際の参考にするとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。